かんがえる子どもを育てたい母のブログ

話を聞かない息子と、芸術家肌な娘を育てるブログ

【低学年】毎日の音読どうしてる?我が家では子ども新聞を活用!

 

低学年のうちは学校から毎日音読が出されるところが多いのではないでしょうか?

これ、高学年になっても続くのかな?

 

「別の本を読んでいる」

「読まなくても読めるからやらない」

「読んでないけど、サインはしてる」

 

という話はよく聞きます(笑)

 

新しいページを読むときはいいのですが、もう20日くらい連続で『スイミー』の音読の宿題が出ているので、いい加減聞くほうも飽きてしまって…。

 

我が家では宿題に出た日は必ず音読はやっています。週末を挟むときは、土・日も必ず。

ただ、必ずしも宿題に出された通りの音読をやっているわけではなく(読むほうも聞くほうも飽きるので)。

 

最初の数回は、宿題に出された通りの課題を読みます。

息子はわりと最初からすらすら読むほうですが、たまに発音がおかしい言葉(たとえば“徹夜”を“鉄矢”のアクセントで言ったり)があるので、そこを指摘。

 

その後からは、必ず毎日音読はするものの、教科書以外のものを読むようにしています。

絵本だったり、漫画だったり、外食の日は寿司屋のメニューだったり(漢字の読みの勉強になります。笑)

 

最近、よく活用しているのは、子ども新聞!

 

我が家は週1発行の読売のKODOMO新聞を購読しているのですが、新聞の記事の中から選んで読んでもらうことが多いです。

 

f:id:miokotoba:20190624144049p:plain

写真が多いのが読売KODOMO新聞の特徴かな?

 

新聞なので、時事ネタやわりと難しい言葉も多いので、「増加って何?」「保有って何?」「禁錮って何?懲役って何?どう違うの?」と聞かれるたびに、口頭で答えたり、私も自信が無いものはスマホで調べたり。

最近起きた事件だったり、環境問題だったり、話題のオリンピックだったり、パラリンピックだったり、子供も読んでいて楽しいみたい。

 

本当は一緒に国語辞典を引くのがいいんでしょうけど、音読って大抵、夕飯の準備前に聞いているわけで。

ハードルが上がると続かないんでもう良しとしています…!

 

 

 

理数系専門塾エルカミノでも、音読はかなり重視しています。

読み飛ばさず、一言一句読み間違えないように読む音読こそが、『精読』に繋がるという考え方。

 

このあたりの本に確か書いてあったはず…(うろ覚えでスミマセン)

 

 

「沢山本を読む子イコール国語が得意、というわけでは無いのは、多くの本好きの子がストーリーを追うことに熱中するあまりに、読み飛ばしていて『精読』していない」というお話を聞いて、いや、まさにそうだなと。

 

息子は多読かつ速読で、本を“面で読む”ようなところがありまして、あり得ないスピードでページをめくっています。

(実は私も同じ読み方…。早く先を追いたいばかりに、面で読んで物語の大事そうなところだけ拾い読みしているという)

 

これでは、難関校の国語の問題は解けるようにはならないとのことで、エルカミノ式を採用している我が家も音読はしっかりやることにしています。

算数も結局は、問題が読めないと解けないからなぁ。

 

週1回発行の読売KODOMO新聞は、写真が多めで低学年向きかな?

https://434381.yomiuri.co.jp/kodomo/

 

毎日発行の朝日小学生新聞は、中高学年になったら切り替えようかな?

「中学受験する子は朝日小学生新聞」と良く聞きます。

 

 

 

我が子にどんな学校に行ってほしいのか真剣に考えてみた

我が家では算数塾の先生に、学校説明会にはなるべく早く参加するように言われたため、今年から時間を作っては出向くようにしています。

いうても息子、まだ小2です…。

それでも、その「なるべく早く」の意味がなんとなく解ってきました。

 

私立の学校、クセが強いねっ!

 

まだ3校見ただけだけど、ぜんぜん違うじゃん!

これは偏差値表やWEBサイトを見ただけでは何にも解らないわ~意外なところに意外な印象を抱いてしまうわ~と感じました。

 

そして、いざ説明会に行こうと思っても、なかなか予定合わないねっ!

 

予約開始から30分で満席になってしまったり、仕事の都合で合わなかったり、旅行の日程とかぶってたり、えーここの学校1回しか説明会ないの?というところが夫のTOEIC受験とかぶってたりで。

 

算数塾の先生いわく、

「低学年のうちから『僕は〇〇に行きたい』という気持ちのある子は強いですよ。なんのために勉強するのか解らないと、必ず辛くなる時が来ますから」と。

 

そういう意味で、早い段階に志望校、憧れ校があったほうがいいというのは確かにな~。

うちの息子の場合は「将来、面白いゲームを作る人になりたい。だから勉強をする」という理由を持って勉強しているらしいのですが、それを志望校までに落とし込めるかな?というところはあり。

 

さて、学校説明会に参加し始めたところで、私の意識が「どこの塾か」から「どこの学校か」に切り替わりました。

 

端的に言って、

塾の比較より学校の比較のほうが圧倒的に楽しいね!!!夢があるね!!!

 

(低学年親ならではの偏差値度外視の比較なので楽しいのかも)

 

 

 

私、先日の渋谷教育学園渋谷の説明会に参加して、いたく気に入りまして。

でも「もっとこうならな~」というところも沢山あって。

 

具体的には渋谷教育学園渋谷のような教育方針で、渋谷よりもうちょっと落ち着いたところにあって、校舎が広くて土の中庭的なところがあって、出来れば男子校ならな~さらに学食もあれば最高!というものなんですが…

 

なさそう(笑)

 

こういう希望は、本当に行ってみて気づいたこと。

自分が子どもにどういう教育環境を与えたいと思っているかは、何校か見比べてみて私は初めて解りました。

これまで具体的な希望が距離と進学実績くらいだったのが、途端に出てくる出てくる。

 

  • 大学に入るためだけの6年間にはして欲しくない
  • 日本の古い考え方ではない中で教育を受けてほしい
  • 「俺色に染まれ」という学校よりは「君らしくあれ」という学校で過ごしてほしい
  • 多様性をもった社会の中で生きてほしい
  • 平和にというよりは、刺激の多い学校生活を送ってほしい
  • 色んな子に居場所のある学校で過ごしてほしい
  • 一生の友達を作ってほしい

 

 

 

などなど。

上記のような希望が、いわゆる「自由な校風」とされる学校では実現するのかというと、私はまた違うと思っています。

 

自由であるかどうかさえ、問われないのが理想…。

「そのままの君でいい」「みんな違ってみんないい」とでもいうのか(笑)

 

自由でなければいけない、自由=偉い!、というような不自由さに私は感じてしまう、自由な校風の学校もあります。

 

きょうこ先生の校風マトリクス(自由な校風、管理型の校風、先進的な校風、保守的な校風をマトリクスに落とし込んだもの)を見ていた限りでは、ある程度“管理型”の学校じゃないと勉強しないだろうなと思っていたのだけど、いざ学校に出向いてみると……というのが本当にありました。

とはいえ、どこを比較対象とするかという指標にはなりました。

 

きょうこ先生の本はこちら↓↓↓

 

近々、広尾学園の学校説明会に参加します。

『すごくキラキラした学校生活を見せてくれる説明会』というイメージを持っていますが(たぶん何かで読んだのでしょう)、自分で見て感じてどう変わるのか楽しみです。

 

1校、また1校と見るたびに、これまで見た学校の印象もくっきり浮かび上がってくるような気がします。

やっぱり比較対象が無いと解らなかったんだな~。

 

渋谷教育学園渋谷中学校の学校説明会に行ってみた。

 

今回は初めて、学校主催ではなく塾主催の学校説明会に行ってみました。

塾主催の学校説明会で有名どころは、

 

 

あたりでしょうか?

これらは塾生じゃなくても参加出来ます。

ありがたい!

 

ちなみにSAPIX主催の学校説明会は、塾生の保護者のみ参加可能だそうです。いけず!

 

さて、今回は栄光ゼミナール主催の学校別説明会に参加しましたが、特に塾のセールストークがあるわけでもなく(栄光ゼミナールの社長?からの短い挨拶が冒頭にありました)いたって普通の説明会という印象でした。

 

さて、初めての共学校!渋渋の説明会。

終始、淡々としたムードではありました。

 

 

f:id:miokotoba:20190621155208j:plain

 

約20分 学校紹介ビデオ上映

約20分 校長から主に教育理念について

約20分 副校長から各教科の学習の進め方など

約20分 入試対策部長から入試についての話

その後約30分程度、校内を自由に見学(ちょうど昼休みでした)

 

学校について、私がメリットと感じたこと、デメリットと感じたことを箇条書きにしていきます。

あくまで個人の感想であり、我が家にとってどうか、我が子にとってどうかという話なのでご参考程度に…。

 

 

 

★立地

自宅から乗り換え1回ドアtoドア 45分。

色んな路線が走っていて、何か交通トラブルがあってもなんとか帰ってこれそう(メリット

大都会渋谷。街には刺激も誘惑もいっぱい。これ寄り道せず真っ直ぐ帰るの無理でしょ?(メリットデメリット

 

キャンパスが狭い!グラウンドやら庭的なものはありません。その代わり体育館が2つ。大きいほうの体育館は地下にあります。

うちは運動部の可能性は今のところ無さそうだけど、ダンゴムシ1匹いなさそうなキャンパスというのが引っかかる。自然光も少なく感じた(デメリット

 

★教育理念

キーワードとして出て来た「自調自考」「多様性」「倫理観」「国際社会」「自己実現」、どの話もとても共感した。我が家に合いそう。

全員、自調自考論文というのを書くらしいけど、自由研究好きな息子が好きそうだな、熱中しそうだなと感じた(メリット

 

校長先生が自校の生徒をとても気に入っている、信頼しているんだなというのが感じて取れた。校長先生の

「とても素直な子たちです。どうぞ生徒に話しかけてください。話してみて“こういう子になるといいな”と思ったらうちの学校をおすすめします。そう思わなかったならばおすすめはしません(笑)」とおっしゃっていたのが印象的でした(メリット

 

★学習、生活まわり

海外研修が充実していて、めっちゃ楽しそうだな~お金かかりそうだなぁと溜息が出た(メリットデメリット

 

女性教員がたくさんいていい。過去2校男子校を見学した際、あまりに男性教員しかいなくて個人的に違和感を持ったので。副校長がシャキシャキした女性なのはいいな~(メリット

 

各学年200名程度。これくらいの人数はいいね(メリット

 

男女比は男子45%、女子55%。

思ったほど女子が幅を利かせている、という印象は無し。体育は2クラス合同で男女に分かれてやるとのこと。

副校長「男子と女子で話し合って決めなさい、協力し合いなさい、というのを口を酸っぱくして言っています。中学生女子は男子に怒っていますが(笑)」というお話が微笑ましかった(メリット?)

 

英語教育は帰国生以外は並列、同じスタートラインで初歩からやる。

中3からは6クラス中1クラスのみ英語を4技能しっかりやりたい子のためのクラスを作る(試験あり)。このクラスはネイティブの教師の授業がメイン。残りの5クラスは並列(メリット

 

数学は現状では中3から演習中心か、解説中心かの授業に分かれる。成績別というわけではなく、それぞれの生徒の特性に合わせて本人の希望で決められる(メリット

 

携帯電話、スマートフォンの持ち込み自由。担任が預かるなども無し(メリットデメリット

 

 

 

★入試

「女子のほうが優秀な子が多いです」と入試対策部長が断言。

去年の2/1の入試の女子のボーダーが199点、男子が188点と10点以上差がついたとのこと。逆を返せば男子は入りやすい?(デメリット?)

 

どの科目もどう考えて解いたかの途中過程も見る。答えが間違っていても、途中の考え方が合っていれば部分点を与える。

男子の字の汚さにも寛容。点を落とすための採点ではなく、点をあげるための採点をしてる(メリット

 

今年からWEB出願になる予定ですってよ(メリット

 

 

★お昼事情

食堂なし。意外~敷地が狭いから?(デメリット

お弁当の販売あり。前日の午後2時~午後9時50分までに予約。300円~400円。電子マネーでも予約購入OK。牛乳の定期購入可。ホットスナック(たこ焼きとかポテトとか)の自動販売機あり(メリット

 

 

 

最後に印象的だった副校長先生の言葉を。

「私立の学校というのはどこもクセがあります。どこが良い、悪いかは無いが、合うか合わないかはあります。お子さんとの雰囲気、言ってしまえばお家の方の雰囲気と合うかどうかを見て帰っていただきたいと思います」

 

いや~本当にその通りだなと。

 

正直、息子は渋渋は無いだろう、娘は英語好きだしもしかしたらいいかもね!くらいの気持ちで出向いたんです私。

でも、案外、息子がこの中にしっくり溶け込めそうな感じがしちゃったな~息子のキャッキャうふふ感が合ってる感じがしちゃったな~でもダンゴムシ1匹いなさそうだな~土が無かったなあぁぁ(ボンヤリ)

 

いやー、ほんと、実際に行ってみないと解らないものですね。

 

以下、激写してきたお弁当販売周りの写真。

f:id:miokotoba:20190621154732j:plain

f:id:miokotoba:20190621154753j:plain

f:id:miokotoba:20190621154811j:plain

 


そのほかの学校説明会の記事はこちら↓↓↓ 

 

www.miokotoba.com

 

 

www.miokotoba.com

 

 

個人情報の保護について

「https://miokotoba.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年6月3日